キャッシングのリボ払いってどう?

私たちの暮らす毎日は常に無数の出費の機会に満ちています。その中でもショッピングの占める割合は極めて大きく、様々な機会に財布の中や預金残高からの止めどないお金の流出を余儀なくされます。

こういった時に、もしも財布の中身のお金が不足して支払いが行えないようであれば、ここで考えられる解決法はふたつあります。ひとつはクレジットカードを使ってカード決済するという方法です。もしも支払額が大きければ分割にしてリボ払いにするとよいでしょう。こうやって毎月の負担を軽くすれば、トータルで手の出ないような金額でも何とか支払うことが出来ます。ただし、リボ払いはクレジットカード会社から借金することを意味しますので、支払いに加えてそれに伴う利息が伸し掛かってくることとなります。

そしてもう一つの解決法として挙げられるのがキャッシングです。消費者金融を活用したこの借り入れ方法は、然るべき申請手続きを行うことで銀行口座に一括振り込みが行われます。ただしキャッシングした金額はもちろん毎月決められた金額を返済していかなければなりませんし、そのトータルの借り入れ期間に伴う利息も支払わなければなりません。

と、ここまでで気付かされるように、キャッシングもカードのリボ払いはどちらも借金によって賄われ、それに借り入れ期間分の利息がかかるという点では全く同じなのです。多くの人がキャッシングよりもリボ払いの方がお得だと考えがちですが、実際にはきちんと利息を比較検討した上でどちらを、またはどの業者やブランドを利用するのが適しているのかを判断することが必要不可欠と言えるのです。


このページの先頭へ戻る