キャッシングで審査が通らない場合

お金が必要な時にスピーディーに融資金をもたらしてくれる消費者金融のキャッシングですが、条件次第では審査に通らない場合もあります。

まずはキャッシングの申請そのものにミスがある場合が挙げられます。先方のスタッフが対応してくれる電話や店舗窓口での申し込みに比べて、ネットや郵送での申し込みは自分がきちんとチェックをして手続きしなければなりません。その際に記入漏れや嘘の記入などがあると、それが発覚した時点で審査に通らない状況が生まれてしまいます。もちろん、身分証明書や年収証明書の提示に関しても、先方の要望とは異なる書類のコピーを送るなどすると審査落ちしてしまいかねません。

さらに本審査に進むと、主にふたつのチェックポイントが待ち構えています。まずは信用情報機関への照会が行われるわけですが、この時に過去の返済事故が発覚したり、現時点で既に他社から総量規制が示す借り入れ上限となる年収の3分の1の枠一杯の借り入れを行っている場合にはキャッシングが難しくなります。

そして次に行われるのが勤務先への在籍確認。審査担当者が申請者の勤める会社に電話をかけてその在籍を確かめるものですが、この時に確認が取れなければこれまた審査落ちということになります。

また、これらの通例以外にも、消費者金融によっては独自の厳しい基準などを用いて判断している場合もありますので、たとえば貸金業者によっては、アルバイトやパート、自営業者といった特定の職種の人が通らない場合も考えられますので、まずはネットの口コミなどでどこの業者が最も適しているかを入念に確認した上で、可能性のあるものを中心として利用申請する必要があります。


このページの先頭へ戻る